2015年07月

2015年07月30日


先日のsmokerさんとのミーティング時、
こんなプレゼントを頂いちゃいました!!
image

温度計です。

今まで使っていたアルコール温度計は、
50度を越えて、アルコールが飛んじゃいました。


これはパソコン用との事で、
なるほど〜、そんなのも有るのね〜と、
ちょっと驚きました。

んで、この温度計がなかなかの優れモンで、
プローブ別体、0.1度刻み、3秒刻み位の分解能です。
なんで、かなりリアルに温度変化を読み取れます。

朝の涼しい最中、
こんな所に仕込んで見ました。
image


image

プローブはカウルの中の風が抜ける処に仕込みましたので、
直射日光の影響は受けません。


なんか、温度表示が38〜39とかウロウロしてるんですけど〜!
マジ暑い!

どうかしてるぜ。。。

smokerさん、萎える現実を突き付けてくれる、
NICEな温度計、ありがとうございました!
この温度計が暑さにやられない事を願いますわ!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月29日

です。。
京都と言えば、寺。
東寺五重塔
image


部屋からもよ~見える!
image


で、京都グルメと言えば、
ここ。
image


外人さんが多い!

ココで、茶そばと、
image

ぱへ!
image

ブルジョア〜!


続いて、京都ラーメンと言えば、
ココ!
image



第一旭。
有名処で、ココも外人さん多し!
15人、前に並んでましたが、
並んでると、私の後ろも行列伸びる伸びる!!

特製ラーメン。
image


デフォでチャーシュー麺ですね。
まいう〜!!

と言うことで、
image

京都ウロウログルメな旅、
image

コレにて完了!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月28日


今回もタイムリミット有りの500km超えツーリングになります。
ルートも未確定中でリミットがあるので、
タイムマネジメントも必要です。

さあ、、では行ってみましょう!
福島県に入ったくらいに日の出時刻となるよう、
2時頃自宅出発。
image

グダグダしてたら時間が経ってしまった。。。

今回は、、行きはシタミチチョイス!
もう定番ですね。

狂ってる国道、国道4号バイパスをすっ飛ばします。
ココは、90で走ってても、トラックに後ろから煽られます。。。
信号無視も当たり前に起こっているので、、
危ない幹線道路です。

はい、、約2時間経過後。
image


時速60km以上出ている、という事がよーく分かります。
コレでも周囲から比べるとセーブして走っている方だと思います。

この時間、高速いらずですね。。。


さて、今回の目的地としては、
ま〜〜〜狙いは、
白河羽鳥湖レイクラインから猪苗代湖に抜けて、
猪苗代湖畔を流しながら磐梯ゴールドライン、
磐梯吾妻レークライン、スカイラインのゴールデンコースを、
グルリと回って帰ってくる、というシンプルなもの。

超低速砂利道林道あり、ゲキ狭林道あり、
中高速ワインディングありと、
なかなか走りがいの有る良いコースでした。

特に羽鳥湖からゴールドライン入口までのトリッキーなワインディングは、
コレおすすめですね!!!

猪苗代湖畔、なかなか楽しい!!!!


ということで、
羽鳥湖レークライン。
image

中高速ワインディングが楽しい!!!
image


直線が続きます。
image

やがてウネウネが現れて、いい感じに!!!

時間が早いので、
走るクルマも皆無で楽しかった!!!

5:12am.上り詰めて、道の駅羽鳥湖へ到着!!!
image

涼しい!!というか、寒い!

静かですごく良い所でした。
image



羽鳥湖。
image

前日からの雨で大分ガスってます。
なかなか神秘的な景色を作り出していました。


羽鳥湖から林道を更に北上します。

ココはほんとに狭かった。
0.5〜1.5車線の雨路面。
image


砂利も落ちててよく滑る!

しかも時間通行止め!
image

なかなかの悪路でしたが、、コレがケッコウ愉しかった!!!
ウニョウニョと落石・浮き砂・枝・落ち葉が程よいトラップとなって、
行く手を阻みます。

クネクネ走って、猪苗代湖畔へ。
image

コチラも何やら神秘的な光景。
へぇ〜〜んな天気。


今度は湖畔を北上します。
image

このルートもなかなかのワイルド!
image


低中速で流します。

猪苗代湖畔からゴールドライン起点までは、普通に行ったら、
なかなかの迂回をする事になるんですが、
前進有るのみで、林道突っ切ります!
image


いきなり砂利道が現れてびっくりしましたが、
怖気づく事なく、ドンドン進みます!!!!

はい、磐梯ゴールドライン攻めるぜ!!!
image

アルツ磐梯スキー場を越えて、バンバン標高を上げます!

ちょーーーー楽し!!!

良いルート!
image

正面ゲレンデからセンターハウスを見下ろす。
いやぁァァァ〜〜〜、いいとこ!

こんな見晴台。
image

降りると風の音しかしません。
やっぱり時間も正解ですね。

一気に駆け上がり、ゲート跡も越えて、
桧原湖まで降りてきました。
image

この時間だと、、クルマは1台しか居ませんでした。
まだ早すぎですかね。

続いてレークラインを攻めます。
image

うん、ココって、
3ラインで一番意味の分からない有料道路だと思います。
だった、か。

コレと言ってビューポイントもなければ観光展望台的なものも、、無し。
ま、、レストハウスがかろうじて有るか。。。


続きまして〜〜スカイライン!!!
image

ココはその名に恥じない良い道ですね。

雲がとても近い!!
てかさぁ、、、、さっきから雨が降ってるんですが、、、
雨予報だっったっけか?!?!
image

日本の道100選の看板が迎えてくれます。
ついでに、火山規制ゲートも。
image

ゲートオープンの時間帯は、要チェックです!!!
7時ゲートオープンに対し、7:33am通過ですからね。
なかなか狙い通りでしょ!!!!

正面に磐梯山が見え隠れしています。
ホント、良いルートですね。
image

もっと晴れていればもっと良かったのにーーーー!!!!

一気に駆け上がって、浄土平手前の兎平までやって来ました。
image

ココからも噴火口が見えますね。
風向きが反対なので硫黄臭は無いです。

風ビュービュー!!!

7:50am浄土平駐車場までやって来ました。
image

まだ開いてる様子はなく、
火山規制監視員の方が止まった私を睨みつけています。

な~〜んか、嫌な感じ!!!


写真だけ撮って、先に進むことにしました。

浄土平からヘアピン一つ越えたところ。
image

なんか、非日常の荒々しい光景ですね。

スゴイなぁ。。

で、この下の噴火のところは、硫黄臭!
火山規制は成されているものの、
さほどひどい、という感じは有りませんでした。

浄土平からは一気に掛下り〜〜〜〜!
image

こりゃ燃費運転貢献しますわ!!!



image

標高を下げるに従い、
これから登る方とすれ違いが増えました。
また気温も徐々に上昇。
image


って言ってもまだまだ寒いけどね。
image

この時間であと250km有りますから、
さすがに東北道利用です。

福島西ICから東北道を一気に南下。
土曜朝と言う事もあり、車の数は少なめ。
狙い通りですけど。
ま、、普通逆ですよね。



トラックも少なめで、
スリップ走行がし辛くて、、
それはそれで結構疲れました。。。


気温も南下するにしたがってドンドン上昇。
ああ、、、さっきまでの涼しさは、、何だったの?!
ってくらい暑い。

眠気との戦いもありつつ、
途中で何度か給水休憩をしながら、
image

ほぼ休みなしの230kmを一気に南下して、
11:50am、自宅到着~~~~。

暑さにヤラれますねぇ~~~。


停まると汗が。。。
停まっちゃダメですね!


走行距離:580.1km
image

表示燃費:54.3km・L
image

走行時間:2:12~11:51 →9.66h
平均時速:60.05km/h
高速利用距離率:39.5%

激セマ林道、砂利道を走行しているのにこの値。
なかなかすごい数値ですね!
早朝のキチガイバイパスも時速押し上げに貢献してるかな。

走りどころはいろいろあり、結構楽しめました!


次はドライで行きたいな。


ルート:

image

image

image





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月27日

さあ~ココは何処でしょう?!
image

やっぱり暑いっすけど、
埼玉程じゃ無いな。
image

ライトアップされるんですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月25日


Smokerさんが、とある部品を見せてくれるって〜ので、
まあ、、、甘いお言葉に乗っかり、オフミーティングを開催させて頂きました。
ウダウダ台風のため、なんとも雨模様の3連休で、
暇よコールを送ってみたところ、、、釣れました!!!

Smokerさん、ご都合付けて、来て下さるとの事。
まあ、、ほんとにありがたい事です。
私の自己満ワガママに付き合って下さって、、、。

落ち合う場所は、中間地点くらいの、入間2りんかん。
別に用事は無いんだけどね。
分かりやすい場所って事で!!

Smokerさんに見せて貰いたかった物とは、、、
コレ!!!
image

コレ!!!!
image


コレ!!!!!
image


ドレ!!!?!?!


こうやってオフミーティングでもしない限りは、
あまり他人のバイクをマジマジジロジロと見る機会がないので、
施してある快適化アイテムを、
舐め回すように見学させて頂きまして〜〜、
アチコチ得るものが有りましたね。

同じバイクであっても、
そこからのオーナーの味付けで、個性がドンドン強くなっていくんで
人のバイクを見るのはそこが楽しいですね。
特にSmokerさんの場合、
いじりの方向性が一緒で、
ロングツーリングを如何に快適に走れるか、
をテーマに弄くりされているので、
ナルホドと思うことが結構有りました。

同じバイクで同じ遊びをしている、というだけで、
すぐに意気投合できるのも、オフミの良いところですね。


しゃべくった後は、人体実験の開始です。
雨に対して、スクリーンがドレだけ強いか!?!?!

人体実験の結果、
そこそこの雨の中1時間ほど走ると〜〜〜、
長いヤツ=何とも無い!!
ホンダ純正ロングスクリーン ボディマウントシールド=発熱する!!!
image

・・・という事が分かりました。

なあるほどね!
大は小を兼ねますね!

コレは、、人体実験の結果からも明らかです。
この後、被験者は3日間、マジ発熱に猛烈にウナサレました。。。。

Smokerさん、
人体実験的には、、、そんな感じでよろしいでしょうか!?

まあ、、いろいろとハプニングは有りましたが、
Smokerさんには情報も貰って楽しいミーティングとなりました。
今度、都合があえば、また良いところへ行きましょう!!!!

生憎在庫の方が枯渇しているようで、
すんなり購入、という訳には行かなそうですが、
ま、気長に待ちましょうかね!!!


非常に楽しく有意義な時間を有難うございました。

また何処かでオフミしましょう。
よろしくお願いします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

火山規制が布かれてからというもの、、
全然行ける機会が無かったんですが、
明日のタイムリミットは午前中中!という、
やや緩めの設定なので、
じゃ、行くか!
と思い立っております。

明日の日の出時刻は4:35am。


白河鳥羽レイクラインは走りたい!

猪苗代湖周辺をウロウロ~~、

ゴールドライン
レークライン
スカイライン

というところでしょうか。


片道250km以上は有るので、9:00am、
現地離脱というスケジュール感です。
まあ、、混み様を考えると、適当な時間だと思います。

さあ、、私は何時に出発すればよいのでしょう~~~!?!?








  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月23日

走行距離も2万kmを越え、そろそろ駆動系を弄くってあげないと、
スネられちゃうかも。。。

実際、スタート時のベルトの滑りは実感できるし。
トラクションが掛かった瞬間、キュキュって言います。
ま、、ソレってベルトだけの問題じゃないんだけどね。

ということで、いつでも交換できる様、部品は購入しました。
image

純正、ということで値引きは無し!
ったくよ〜〜〜〜。。。

まあ、社外品を買うよりは安くて品質の保証が有る分、
何も文句言えないんですけど、、

あのさ、、サービスマニュアルが、
ちょっと欲しいなぁ〜〜〜と思うこの頃。。。
何処かに中古、、、、まだ無いか。。

とりあえずは、感覚で交換っす!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月22日


まあ、、文句を言いつつも、使い続けた、
メーカー純正SS560。
多分、大往生です。
image

ここまで削る奴はそうそう居ないでしょう。
走行距離:19600km

実際はもうちょっと行けたと思うんですが、
タイミング的に交換しちゃいました。

タイヤトレッド面の中央でもまだそこそこの肉厚が有り、
乗っても中央部から座屈するような状態には成りません。
ベルト剥き出しになる迄はもうちょっと行けましたね。。。


自立します。
image

ということは、、
交換前ではスタンド無しでバイク自体が自立できたのかな??
そんな試しはしませんでしたが。。。

ここまで削っても、
交換前交換後でバンクのフィーリングが変わるか、
と言われれば、実感は出来ません。
こりゃ、、、俺のセンスが無いのかな??
スカイウェイブ時代はそのヒラヒラ感の違いに、
交換後毎回感動していましたけど。。。
そいう楽しみは、、、無いっすね。

まあ、細いですからね。
燃費を出すには、この細さはそれなりに重要だと思うし。

ドコゾのタイヤメーカーさん、
成れの果てがこの状態なので、
この形状を参考に断面形状を考えてくれないかなぁ。。。
実際この形状でも60台の燃費を叩き出せるんだし。
シングルクラウンRだか何だか知らんけど、
スクーターにサイドウォールなんてほぼ求めていないので、
今、リアは幅が100なのでR60前後位だと思うんだけど、
R150位のタイヤが使ってみたいな。
多分まんべんなく均一にすり減って、
長寿命の良いタイヤになると思うんだけどな。。。
そじゃねのよ、って言われそうだけど、
どんな削れ方をしてどう減るのか試してみたい!!

だってさあ、このサイドウォール、もったいないでしょう。
とてもエコタイヤとは言えません。

さて、コイツをどうするか。
しばらくはオブジェですな。
image





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月21日

走行距離:20107km
オイルチェンジランプが点灯しちゃったので、
雨が降る中、オイル交換しに行きました。

1000
7000
13000
19000
・・・という事で、4回目の交換ですね。
image

雨ということも有り、
客は誰も居ません。
暇そうです。。
image

PCXはオイル使用料も少なくて、
リザーブが全然減りません!
素晴らしい!

ここまで減らないと、オイルリザーブのメリットも余り無いかもなぁ。。。
オイル交換だけは廃油処理が面倒なので、
どうしてもショップ任せになっちゃってますが、
面倒臭がらず自分でやるべきなのかもしれません。。。。

・・・まあ、でも面倒。。。
なんで、、6000kmランプ点灯まで放置です。
メーカー推奨なんで、そこはそういう仕様なんでしょうからね。
オイルフィルターも無いし、ホントよく出来たエンジンだと思います。

さあ、また元気に走ってもらいましょう!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月20日


セルフでタイヤ交換後、
約600kmほど走っていますが、そのインプレを書いておこうと思います。

ドライ8:ウエット2くらいの割合ですが、
以前に有った様な滑る感覚は今のところ感じられません。


純正タイヤのSS560が滑る、と感じたのは主にリアで、
ウエット路面の鉄マンホール上でリアスリップダウン前兆の様な、
アウトへのスライドを何度も経験し、
(幸いにもフロントのスリップは経験していません)
こりゃあぶねぇタイヤだな、と植えつけられて以降、
意図的に鉄マンホールは避ける走り方をしていましたが、
シティグリップに関しては、意図して乗っかっても滑る感、今のところ無し。

先日の台風で道路が冠水しまくって20cm位の泥水の中走行してみましたが、
ハイドロっぽい挙動(リア空転)をしました。
じゃぶじゃぶで、エアクリーナー、マフラーに水が入りそう!

それは、例外中の例外として、、、

まあ、、ウエット時にはウエット時の走り方をしないと、
滑り易いのは間違いないので、危ないんですが、
感覚として滑り出すまでのバンク角は明らかに違うな、と感じます。

SS560は超浅バンクでもアウトに膨らむ!
うおっぷ!なんじゃこりゃ!
・・・の様な感覚。

シティグリップが良い、というよりは、
純正SS560が悪過ぎた、という方が正解かな。
多分、PCXの謳い文句である燃費性能と安全性能のトレードオフだったんだろな。
IRCの他のタイヤはそんな事無いもん。
IRCも本位じゃないんだろうな、多分。

まあ、、SS560だけは、もうリピートしません。

で、
気にしていたロードノイズですが、
全然気になりません。
『ヒィィィ~~~~ン』って言いません。

スロットルオフ、80km/hのダウンヒルで
純粋にタイヤのノイズを聞けるシチュエーションでも、
気になるロードノイズは無し。

取り越し苦労でした。

トレッド面のベタベタ感は凄く有ります。
ウエスで拭くと、綿ボコリが残る感じ。
image

イッパイ付きます!

走ると砂が付くのでベタベタ感が落ちますが、
水で洗うとベタベタが復活します。
=ウエットで強いのかな??????

ま~~~分かりませんが、
良いタイヤだと思います。


あとは耐久性かな。
目指せ2万km!!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月19日


クリスタルラインから【大弛峠 ×】という看板を見つけて、
ど~~しても行ってみたくて、
2連チャン雁坂トンネル通過です!!!

大弛峠
大弛峠(おおだるみとうげ)は、山梨県山梨市と長野県南佐久郡川上村の境にある峠。標高は2,360mであり、自動車車両が通行できる日本最高所の車道峠である。
乗鞍岳の乗鞍エコーライン及び乗鞍スカイラインがマイカー規制により通行できなくなったので、ここが表富士周遊道路(富士山スカイライン)に次ぎ、一般のマイカーで到達できる2番目の標高地点で、峠としては最高地点である。

・・・との事で、
オフローダーの中では川上牧丘林道として
超有名ツーリングスポットになっており、
そのガレ具合も半端無い事から、
オフ車に乗った事の無い私はいまだ足を踏み入れて無い、
あこがれ幻スポットなんですが、、
先ずは現状調査をして、あわよくば越えてやろう的な発想で、
峠最高地点へ突っ込んでみる事にしました。

3:15am、
昨日より1時間遅く自宅出発。
この余裕は、、甘かった!!!

ループ橋〜〜〜。
image

昨日より1時間遅いので、
この辺で日の出です。

一気バシリで雁坂トンネルまで〜〜!
image

昨日と同じルートで、琴川ダム分岐までやって来ました。
image

この看板が気になってしまったんで、また来てしまったのです。
ココから、大弛峠を目指します。

さすがです。
基本的にず〜〜っと登り!
image

ひたすらに登ります!!!
ウニョウニョ道も結構楽しい!!
image

県境の山々に登る、登山客が居ますので、
早朝にもかかわらず、そこそこの交通量がありました。
ま、登山はそんなもんですからね~。

山が近いですねぇ〜〜〜!!
image

一気に登って来ました!
image

結構時間が掛かったなぁ。。。
6:15am、大弛峠着!
image

タイムリミットを考えると、、、これから未舗装路に突っ込むのは、、
どうしたって無理!!!
(てか、その時間でタイムリミットって、、そんな日に来るなよ!!!)


ちょっと走ってみましたが、、、
ガレ具合がハンパ無いですね。
凸凹がきつく、
スクーターで突っ込むのは、かなりリスクが有ります。

・先ずスタンディング姿勢を取れないと。。。
・普通に腹を擦ります!
・低速で走ると、勝手にクラッチが切れます!
・速度域的に半クラッチを多用する形となり、クラッチが厳しい!!
(これがスクーターのウイークポイントをモロに突かれています)
・ベルトが滑っており、現在のベルトコンディションじゃ無理!

このクラッチ問題は、、、長野側からの登りであれば、
何とか成ると思いますが、、トラクション掛かり始めの、
ベルトの滑りは、ちょっとやばいかもな。


くっそ~~~~!!!!
ダメか。。。
PCXだったら軽いから大丈夫かなぁ~と思いましたが、
ちょっと甘かった。。。
もうちょっと時間が有って、ベルトの状態が良ければ、
行けるか?!?!

・・・という事で、
今回はその涼しさ(寒さ)を十分体感しつつ、
苦汁を舐める形で断念せざるを得ませんでした。。。

何より時間がねぇ!!!


スゴスゴと来た道を戻ります。
ま~~それにしても、今度はず~~~~と下り!
ブレーキ操作のみで帰れちゃう~?!くらい、
こりゃ、、燃費走行になります~~~。

走るというより転がり落ちる感覚で、
一気に標高を下げ、牧丘の町まで下りて来ました。

帰り道は三峰付近、丸山林道でちょっと遊びましたが、
あとはほぼ来た道、昨日通った道で帰って来ました。


9:45am、自宅到着。
image

走行距離:314.7km
表示燃費:56.3km/L
走行時間:6.5h
平均時速:48.42km/h

ありゃ、なかなか速いね。
林道でこれだけスピード出せるって、スゴイな。


でもまあ、、2連チャン雁坂トンネルは、、
ルートバリエーションが無さ過ぎてつまらん!
という事も分かりました。

しかし、クリスタルライン周辺の林道は、
なかなか楽しめそうですね!!!


ルート
image


image


image




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月17日


走行距離:19670km

もーーーーうつるつるです。
スリップサインも消え?!何にも有りません!
2万kmは使えるとは思いますが、、
もう交換しましょう。

SS−560、
ネットの評判や、自己評価はあまり良くなかったですけど、
結構耐久性は有ったんじゃないでしょうか。

さあ、作業に入りましょう。
まずはマフラーを外します。
image

続いて、スイングアーム?を外します。
image


image

なるほど、こんなスペーサーが入ってるんですね。
image

コチラのオイルシール部分にもグリースを入れておきます。

マッドガードを外します。
image

ウチにはトルクレンチなんて無いので、
いつもの様にシャフトナット間に合いマークを入れておきます。

ナットはナカナカのトルクで締まっているんでしょうけど、
ま、結構簡単に外れました。

ドラムブレーキの状態を確認しておきます。
image

ままだ、、全然大丈夫そうです。
image


ホイール側も確認。
image

結構な粉の量でしたが、特筆すべき事は無し。


さあ、、、作業に入りましょうか!
この時の気温は30℃!
カナリ暑くて、、力仕事するには、、、萎える環境ですが、
タイヤが柔らかくなってる分、作業しやすい????

まずは、ムシを外します。
プシューと抜けます。
image

次に、、ビードを落とします。
ホイールとタイヤの隙間に556を吹いて、
こんなのを当ててやります。
image

上から数回踏み付けると結構簡単にビードが落ちます。
逆側も同じ様にしてビードが落ちました。

後は気合で外します。
もう、、、汗だくです!!!
新旧タイヤ比較です。
image


エライ違いですね。
同じタイヤとは思えません。。

ペイントしておきましたが、、、無駄でした。。。
image

ホイールにキズも入っちゃった!
勲章ですね!!

ホイールに装着後塗るべきでしたね!!
ま、またやりましょう!

自転車の空気入れでビードを上げます。
PPバンドで癖つけをしておきましたが、
そんなことする必要無いっすね。

さ、PPバンドを巻きます。
グイッと巻くと、、ビードが広がりリムに密着します。
image

クソ暑いのに、、努力するのは大変なので、
やっといた方が確実ですね。

んで、空気入れで気合い勝負!!
シュッコシュッコ入れていきます。
image

適当に入れていくと、上がりました。
ポン!って感じではなく、
プッ!って感じで上がりました。

元有ったように装着しなおして、終了です。
image

タイヤを拭いてみたら、ベッタベタ。
image

こりゃ、、食い付きそうです。

作業時間:2時間弱
汗ビッショリ!夏場にやっちゃいけませんね!!

よ~〜し、走ってくるか!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月16日

さあ、、雁坂トンネルが無料開放されている今、
こりゃ行くしかないでしょう!と意気込んで、、
行ってみました山梨県!

今回もタイムリミット有りの時間勝負でしたが、
ちょっと頑張ってみました。

2:10am、自宅出発です!!

日高からR299一気走りで、雁坂トンネルへ!
3:59am、雁坂トンネル入口の温度計のところで。
image

夏場でこの気温、カナリ寒いです!!!
ちょっと気合が必要ですね!!!

雁坂トンネル自体は13分くらいで通過です。
出口で。
image

無料!とマグネットシールが貼ってありました。
image

何なら看板取り外してもらっても構いませんが〜〜〜!

塩山方面に下って下って、、その途中の牧丘で、
image

クリスタルラインに入ります!

さあ、、ここから林道入りますよ〜〜〜!

琴川ダムまでの間はナカナカのワインディングロードで、
ウニョウニョ楽しいです!!


ツルツルタイヤだって、ヒラヒラ倒れます!!!

途中視界が開けたところで。
image

琴川ダムを過ぎて、曲がります。
image

ダム湖の朝!
image


はいまた分岐です。
ココを登っていきます。
image

クリスタルライン案内図、
image

分岐にはキモチ書いてくれているけど、
ちょっとわかりづらいですね。

朝日!!
image

朝練の特権ですね!
朝霧が日光で照らされて、とても幻想的な景色を作り出していました。
image


image



山が近い!
image

横からの日差しで緑も栄えますね!
image

途中富士山ビューポイントで!
image


須玉に入ります。
image

ココからは、、ナカナカのジャングル路でした!!
荒れていて、走りにくい。
落石ゴロゴロ!
砂もアチコチ。
image

中盤の分岐はやや分かり辛いですね。
ちょっと迷いつつも、またクリスタルラインに合流。

このまま走っていくと清里に出るんですが、
image

ほぼクリスタルラインは走破出来たんで、
方向を変えて、、平沢峠に向かいました。
image

八ヶ岳の展望、最高です。
天気も良くて、素晴らしい!!!


6:55am、野辺山駅で休憩〜〜〜〜。
image

さあ、コレで今回の旅は終了ですかね〜〜。

帰りますかねぇ。
どのルートかなあ〜〜と考えましたが、、
十石峠ルートをチョイス!!


7:58am、十石峠〜〜〜。
image

天気良い〜〜〜〜!

8:40am、滋賀坂峠〜〜〜!!
image

このトンネル越えたら埼玉復帰です!

はい、埼玉。
image

秩父からは定峰ではなく、高篠峠越え
image

で都幾川に抜けて、
帰りましたとさ。

10:42am、自宅到着〜〜〜。

走行距離:389.7km
平均燃費:61.3km/L

やっぱり朝が早いと〜〜〜、
朝から疲れました!!!

もうあっち〜〜っすね。

このクリスタルラインって〜〜のは走り甲斐が有りますね。
ナカナカの山岳路で楽しめました。


ルート
image


image


image


image






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月15日


タイヤが届きました。
前評判高き、ミシュランをチョイスしました。
image

実は、スカイウェイブ時代、
ミシュランタイヤについて、こんな事を書いています。

red.ap.teacup.com/n-ana/653.html

2007年、8年前の話です。

ゴールドスタンダード、
既にシリーズ廃版タイヤですが、
パターンの類似性からして志向性は一緒じゃないか、と思います。

グリップ性能を高める為、細かく溝を切ってます。
トレッド溝が多いので、
ロードノイズが増えるでしょう。
やっぱ。

音エネルギー、熱エネルギーに変換される分、
転がり抵抗となり =燃費悪化とも取れなくはないですが、

ま~履いてみましょうよ。

『ヒヒィィィィィ~~~ン』って鳴くのか、検証ですわね!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月14日


行ってきたっす!!
クリスタルライン2連チャン!
image

週末を雁坂トンネルに捧げた!って感じ!
ナカナカ楽しかったです!
ジャングルクルーズ感、半端ないですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月13日


走行距離18600㎞
もうそろそろ、このタイヤヤバいっす!!!
image

IRC SS560
PCX純正タイヤ、
滑る滑る文句言いながらも、
使い切ってる感が有ります。
まあ、、雨路面だけ気を付ければ、
ドライ性能は変わらないと思うんでね。


1周で山の減り方が違いますが、、
概ね、0.5分山~-1分山位でしょうか。
image

スリップサインがまだ見えているので、
交換時期にはちょっと早いかな???

え?スリップサインて、
スリップサインが消えたら交換って事ですよね!?

未だベルトは見えてないから、、大丈夫でしょう??

フロント、リアとでは減り方が大分違って、
やっぱりリア負荷が大きいんでしょうね。

フロントは3分山くらいかな。
image


この減り方でこの走行距離ならば、
妥当でしょう!!
14インチだからってのも有るかも知れませんが、
寿命だけで見ればSS560、
十分なロングライフ性能を持ってると思います。

ま~~にしても、そろそろ交換かなぁと思うので、
タイヤどうすっかなぁ~~~と、ちょっと作戦会議中。


ちなみに、、市場調査は大体終了していて、
選択肢としては、
バトラックスSC
ディアブロ
シティグリップ
D307
位が候補かな。

コスト比較もしていますが、、
やっぱり、
バイク用品ショールームで現物確認後、
ネット購入という悪しき王道が、
最も優位でしょうね。


申し訳ないけど、
昨今の家電と一緒で、
実店舗じゃ買わないっす。
送料込みでも、
2~3割くらいネットの方が安いですから。

=セルフ交換ですね。

ま、、この辺も何とかなるでしょう。
この時期暑くて勘弁なところが有りますが。。。
タイヤは柔らかくなって嵌め外ししやすい?!?!

後は気合の勝負です!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月10日


近場なので、、いつも朝練でチョロっと行くグリーンラインですが、
今日は時間帯がいつもと違うので、、、
ちょっと変化があるかもしれませ〜〜〜ん!!

2:50pm,逃げるように自宅出発です!!
今回は、、ちょっとルートに変化を加えたくて、
レギュラールートとは別の、、鳩山町方面からグリーンラインに合流する作戦をとってみました。
実は、、このルートのほうが、山に早く辿り着けるんですよね。
1時間掛からずに山に入れるので、、
いい道なんです!!!

自宅から山までソレくらいって、
イイよね!!!

越生梅林を抜け、
今日は、、林道猿岩線で、、グリーンラインに登ります!!!
image

久々に来ましたが、、、
ナカナカの山深ルートです!!

雨上がりで、空気ひんやり!!!
というか、、寒いっす!!!
image

気温は20℃!
湿気があるので、当たり続けると寒いです!!

水場です。
いい水がチョロチョロ湧いておりまして、
軽く頂きました!
image

続いて、、
奥武蔵グリーンラインラストアプローチ路です。
image

まあ、よくもこんな所に道を通したもんです。
足元は絶壁ですからね。
image

眼下に見えるのは、越生の街です!
image

随分と登ってきましよ。

高山不動尊付近に合流しますが、
そこから北上、
一気に大野峠まで登ってきました。
image

ココから高篠峠スルーで白石峠〜〜〜。
image


白石峠から更に下って、定峰峠。
image

やっぱり閉まってる。。。。
もう、、営業してくれよ_〜〜〜〜〜〜!!


定峰峠から少し下ったところで、
今度は林道秩父高原線に入ります。
image

ココは、、、もううっそうとし過ぎ!!!
左右から草木が張り出しまくり、
上からあちこちツタが枝垂れまくり、、
なかなかのジャングルっぷりです!!!

このまま走って行って大丈夫か、
不安になるくらい。
途中、雑草生えまくりな砂利道も現れますので、
余計に不安をあおります!!!
でもそこは大丈夫。
何度も走ってますからね。

なんか寒いなぁ~~なんて思ってみたら、、
16℃しかありませんでした。
image

どおりで、、メッシュジャケットじゃ寒いはずです。。。
湿度も高くて、さむ~~~~~!!!


それなのに
ふれあい牧場でソフトクリームを~~、
なんて考えてましたら、、恐らく時間的にすでに閉店。。
image

イイトコです!
image

なかなか営業時間に行けませんね。。。

ふれあい牧場から二本木峠まで上がって、
そこで峠道は終了しました。
image

下界に降りたら~~~、一気に家へ。


んん~~、お気軽ツーリングコースとしては、
比較的近いのでかなり定番化していますが、
やっぱり森林に囲まれて、
だーれも居ない所をトコトコ走るの、楽しいです!


本日の走行距離:117.9km
表示燃費:63.2km/L
image

またまたビックリ燃費を叩き出します!!!
市街地はそれなりにすっ飛ばしてますけど~~?!
相変わらず、凄いっす!

ルート全体
image


越生から山登り!!
image

狩場坂〜白石、定峰峠
image



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月09日


なんか、、雨続きで気分もメゲる、
今年はホントに梅雨らしい梅雨ですが、、、
週末に晴れ間が戻ってくる、という事らしいので、
ちょっとお散歩に出ようと思っています。

今回の狙い目スポットは、
クリスタルライン。
まーね、響きが宜しいじゃないですか!!!
埼玉からだとね、コレが意外と遠いんですよ、
雁坂トンネル回避だと。

わざわざ有料トンネル越えてまで行く様な感じでもないし、、、。
てか、、何でたった25ccの違いで70円が580円になっちゃうんだよ!!
どうしたっておかしいだろが。。。

言うなれば、、関所だな、関税。
山梨県の空気を吸うには、金払え的な。
ま~~~、高くて山梨には行きたくありません!!!!


・・・そんな声を受け止めてくれたのかは定かでは有りませんが、、、
今回は関税撤廃という事で、
雁坂トンネルが堂々と使えるので、
そりゃも、往路復路バンバン使ってやろう!という作戦です。
image

よくぞ踏み切ってくれました山梨県道路公社!
以降もせめて値下げしてよ。。。

話がそれた。


で、そんなWelcomeな山梨で楽しそうな林道、
クリスタルラインを巡るツーリングに出たいと思っております。
image


7/11(土) 山梨の日の出時刻は4:35am。
今回もタイムリミットが設定されておりますので、
旅のスタートは5時頃に~〜〜〜〜、
清里駅もしくは、
牧丘分岐かな、と思います。
どっち周りかなぁ〜〜〜??
復路は、三国峠、ぶどう峠、十石峠、関所、
どれかなぁ???

・・・日の出清里駅はちょっと厳しいかな???
寝る時間がねぇ!!!

金曜の勢い次第かなぁ〜〜〜なんて思います。
まあ、いつものスタイルですかね。

今回は、○○○○○ラストツーリングになります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月08日


雨の日に、またはウエット路面で、
山に入ると、、、コレ、一発でやられますね!!!

じゃりじゃりドロドロ!!!
image

林道走るといろいろ落ちてますから、
いろいろ跳ね上げて、
泥んこです。
image

で、こういうのって乾く前に洗い流した方が落ちやすいんで、、
仕方なく帰宅後水洗い清掃開始!!!

たわしでゴシゴシ水洗い~~~。
けっこ疲れる~~~~!!

雑に水をぶっかけて、ハイ終了。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年07月07日

こっち方面に来る時って、
なんだか雨の日が多いんですが、、
今回も曇り雨。。。

と言うか、、どこに行くかあまり決めないまま、
とりあえず外に出てみましたが、、、雨。。。
5:00am、雨が普通に降る中、、
自宅出発!!!

雨だろうが行くんです!!!
どこへ???と自問しながら。。。
天気予報上では雨が小康状態とある、
とりあえず北へ。
17号を北上。

本庄近辺で雨がやみましたので、、、
児玉町から山の中へ入ろうかな〜〜などと考えていましたが、
ふと、
有間峠の通行止めが解除されたなぁ〜〜と思い出して、
じゃ、行ってみっか!と走りながら決めました。

無料の雁坂トンネルから川上牧丘林道三国峠も考えましたが、
時間的にNG!!

有間峠、逆川林道は、
ここしばーーーーらく崩落による通行止めになっていて、
解除時期も【当面の間】という曖昧表現で、
なかなか行けていませんでした。。。

今回も一部ネットで通行止め、という情報が出ていたので、
ちょっと警戒気味でしたが、
全然大丈夫でした。

起点は秩父浦山ダム。
7:08am、時間と雨で、誰も居ません。。。
image

ここから山へ入っていきます!!!

所々に見える秩父の山々。
山奥感満載です!!!
image

雲海ちょ〜〜〜綺麗!
image

ウネウネ具合が半端ないですねぇ〜〜〜、
それに、、この道、崩落が起こる前提ですね。
土砂崩れで通行止めにする前提。
アチコチに土砂の山が積まれていて、
山側斜面は絶壁土砂!
スゴイね。

いつ土砂が落ちてきてもおかしくないところが、
アチコチ有りますね。

路面も砂利満載!
結構でっかい石も所々落ちてて、、
ナカナカのリアルジャングルクルーズ状態!

トコトコとトラップを避けながら、
有間峠に到着〜〜〜〜。
image


image


雲海が綺麗〜〜〜!
image

飯能側下りは、比較的整備されていて、
ある程度スピードも出せますね。

広河原逆川林道、
image

楽しませて頂きました!!


8:10am、有間ダムまで降りてきました。
image

ココから有間峠越えで秩父を目指す方も結構居るようで、
ナカナカ賑わっていましたよ。


有間ダムからは一気に自宅へ。

走行距離:174.1km
表示燃費:61.3km/L
image

雨でも楽しい朝練でした!!

ルート
全体
image

ちょっと変ね。

有間峠越え
image

久々に通行止め解除!!楽しみましたー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック