ISOTTAハイウインドシールド

2015年11月01日


じゃ、実際どやったの?という、
種明かし的なトコロです。
image

ステイをイジっています。
ポイントとしては、
弄くり前のシールド下端と車両との干渉ギリギリまで
①シールドを下げた上で、
②シールドを寝かせています。

ま、②だけでも良いとは思いますけど。
image


固定はビス4本なので、
上2本のビスを支点として、
下2本のビスにスペーサーを噛ませて、
シールド自体を若干寝かせた、という事です。


ステイ部分をS字に曲げることで
上2本のビス位置自体を若干下げる事が出来ますが、
非常に位置調整が難しいです。
左右均等、局面に沿わせる必要、シールドがボディに当たらない程度に、
やり過ぎ注意、根気が必要〜〜?!
などと自分に言い聞かせながら、4点位置を調整しています。

車体に取り付けた状態で行うと、
車体側のフレームがゆがむので、
絶対避けたほうが無難です。

私はこの作業で、、2時間くらい使ったかなあ〜〜?!
とにかく根気が要ります。
着脱繰り返しも何度も何度もやってます。
もう現物合わせ。

曲げては取り付け、4点確認、の繰り返し。

で、大体ステイの位置が決まったら、
再固定時下のビスにスペーサーを噛ませて、
シールド自体を寝かせています。
シールド自体が寝ることにより、
シールド上端面が顔に近づき、下がったことで、
数値以上に下がった感が有ります。


スペーサーの量で高さ位置の微調整が可能です。
私は取り合えず、10mm程入れました。
下側の取り付けビスは、
M5−50に変更しており、
あと10mmくらいはスペーサー追加できますが、
私には今くらいが程よい感じです。

で、コレの弊害としては、
シールド下にスキマが開くように成りますんで、
風の流れが変わります。
image

シールド下からシールド裏面に沿うようにせり上がってくる風が、
結構増えましたので、
雨の時にどうなるか。

最近全然纏まった雨が降ってないので
早く雨で走ってみたいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月20日


ISOTTAのハイウインドシールドインプレで書いたように、
雨の夜に対して、
弱いというところがちょっとネックでしたので、
何か対策を打ちたかったんですが、
良い方法が見つからず、ちょっと困っていました。
思い切って、ちょっとだけ切断しちゃうか、とも考えましたが、
流石に綺麗に切断できる自信は有りません。。。

で、先日の小雨の夜、
いろいろと考えを巡らせながら走っておりましたが、
一つ試してみよう!!というところが閃きましたんで、
ソレを実践してみました。


現在の悩み:
シールドがヨーロッパ仕様の為??か、
若干長過ぎる、高過ぎる為、
雨が降ると視界が著しく妨げられ、
安全に走れない。

やりたいこと:
シールドの雨を何とかするか、
長過ぎるシールドを程良く短くしたい。

で、
実際実施してみた状態:
こんな感じ〜〜〜〜!
image

んんんんんん〜???違いが分かりますか〜〜〜?!?!
何処が変わったでしょうか〜〜〜!?

うん、ほとんど変わっていませんね。


サイドスタンド状態の定点で実測してみたところでは、
150cm⇒147.5cm
2.5cm短くなっています。

また、実際乗ってみた感じですと、
その2.5cmの差が非常に大きく感じ取れます。

目に近い位置での数センチの差は、
視界を遮るか遮らないかの明暗を分ける為、
非常に大きな差に成ります。

もう少し短くても問題ないのですが、
なんちゃってで調整できるには限界が有りますので、、
これ以上は止めておこうと思います。
また、、まだ雨の夜を走っていないので、
どの程度良いのか悪いのか、
判定しづらいところも残っています。


という事で、
取り合えずのショート化はまあまあ成功、とでも言えましょう。





どうやって短くしたかは、また今度。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月08日


ま、、いいことばっかり書いてもしょうがないので、
悪いところ、ダメなところもちゃんと書いておきます。

■取付方法に関して。

取付で一番びっくりだったのは、
一番肝心な固定箇所がネジ止めだったところ。

コレはダメでしょう。
やっつけ過ぎです。。。
サイズ、形状から推測付くかと思いますが、
シールドは4点でステイに固定されていますが、
最も重要な固定部は、下の2本。
この片方でもイカレた場合、
風圧に負けて、もぎ取れる可能性を秘めている、
そんなサイズ感です。

んで、、その固定が、
バインドM5-1種のネジで、【樹脂ボス】に効かせています。。。
ありえん!!!!!


私は即、ボルトナット固定に変更しました。
・ナベM5-35
・M5緩み止めナット
・M5-20平ワッシャ
ナットは当然緩み止めナットね。
振動で緩んだ場合、即脱落しますんで。

ま、、コレで一応大丈夫だと思います。



■シールド及びステイの剛性に関して

シールドは4mm?かな?のアクリル板を使用していますので、
かなりの剛性を感じますが、
曲げ加工技術のショボさを感じます。
3次元曲面をもっと積極的に作れば、
もっと剛性が出ると思うんだけど、、、

ステイの剛性もやや不安感を煽る感じで、、
全体の剛性としてみると、、やっぱりちょっと頼りなさを感じますが、
このユルさがクッション、ダンパーの様な効果を持っている可能性も有ります。
ガチガチにしない、という設計なのかもしれません。

■シールドのサイズ

これは私が購入時から最も懸念していた事ですが、、
やっぱりちょっとデカいです、というか、、長いです。

イタリア人サイズなんだろうなぁ~と、
妙に納得しちゃうサイズ感ですね。

あと3~5cm位短いとベストだろうなあ~~と感じます。

ヘルメットまでほぼすっぽり盾に守られている感じですが、
それは反面【夜間の雨】には最も弱いです。
懸念していた通りでした。
雨、特に夜の雨に弱いです。

ちょうどいい感じで視界を遮ってくれます。
まあ、、シートの前の方に座るか、
姿勢良く乗るか、
シールドの脇から見れば見えるので、
致命的ではないですが、邪魔です。

水滴がシールドに付き、光が乱反射します。
本降りよりも小雨、小雨よりも霧雨、霧雨よりも濃霧、
の方が見えづらいです。
image

現在は、超撥水コートを施していますが、
雨粒が小さいと、さすがに無理がありますねぇ。。
また、直風を浴びる表面は良いんですが、
裏面側の水滴は結構残るので、
それも面倒ですね。。。。
image

拭くのが手っ取り早いですが、、、
傷が付きますので、あまり触れたくないですし。。。

こればっかりはどうしようもなくて、
あと3~5cm位短ければそれは感じないと思います。
ちょっと悩ましいですねぇ。。。
切っちまうか、とも考えています。

一時的であれば、、界面活性剤で何とかなるとは思いますけどねぇ。。。
うううむ、悩ましいです。

何か効果的な手段をお持ちの方が居れば、
是非教えて頂きたいですね。



・・・とまあ、悪い点も幾つか有りますが、
総じて、快適です!!!

高いし、在庫が無いと納期もかかるけど、
良い買い物をしたんではないか~~と思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年10月07日


このシールドを装着してから約2000km走行していますが、
そろそろインプレッションを書いてみようかな、
と思っています。
image

先ずこのウィンドシールド=盾ですが、
今までの成長?の過程をDQ的に例えるならば、、、

純正納車状態
→おなべのふた

ボディマウントシールド
→鉄の盾

ハイウィンドシールド
→勇者の盾

といった感じでしょうか。
純正からボディマウントシールドは、
順当にステップアップした、という感じでしたが、、、
やっぱり走行風がヘルメットに当たり、、
虫、風、雨、雪など、、不快要素が結構有りました。


それが、
ハイウインドシールドになった途端、
いきなりこれぞ最強!という位に、今までの不快部分を一掃する、
素晴らし盾となりました。
まさに勇者の盾!

一番変わったのは、【音】かな。
ヘルメットに直接風が当たらないので、
80巡航でも風切音がほぼ無くなりました。

そして、ブ~~~~ンというeSP独特のあの音が蘇って来ました。

そう、リード125のあの音です!!

聞いた瞬間分かりました!!
ああ、、このエンジン音は、リードだ!!!って。

リード、速かったですからねぇ~~~!!!

GIVIのウィンドスクリーンが付いていたので、
これまた最強で、走行風を感じる事無く、
120で走ってもエンジン音がちゃんと聞こえて、
風切音の方が大きい位になかなかジェントルな音でした。
静かで力強いブ~~~~ンという音。


改めて、同じeSPなのね、と納得しちゃった瞬間でした。

・・・・というくらいに今までは、
ヘルメットに風が当たり、エンジン音が聞こえなかったんですよ。
素晴らしい!勇者の盾!!!

これで、音楽系、ラジオ系にもやっと手を伸ばせる感じがします。




それに本来の目的である盾の機能。
もう虫の本格シーズンは過ぎてしまいましたが、
まだまだバシバシ自殺志願者が突っ込んで来ます。

ヘルメットがほぼシールドに隠れておりますので、
ヘルメット直撃という状況には、、まず成らないでしょう。

また、ハンドル回り、手に関しても、
丁度直風が当たらなくなっております。

横の張り出しが効いている様ですね。

80位で走ると、風の壁を触って感じれるので、
それが一番体感出来ます。

まあ、、手に関しては完璧とまでは行きませんが、
十分役割を果たしてくれています。

感覚としては、
腕以外の上半身をほぼプロテクトしてくれている感じです。
勇者の盾なんで、、、最強?!でしょう!!

という事で、、
最近の涼しさではメッシュジャケットはもはや寒いんですが
このプロテクトが有れば、まだ何とか突っ走れます!!!
寒いっすけどね!

直風が当たらない恩恵というのは、、なかなかのもんです。
夏暑いけど。


あと、、メロディーラインの音楽が聞こえる様になりました!!
路面にスリット切って、ロードノイズで音を奏でるアレです。
草津良いと~こ~~ちょいなちょ~いな とか、
夏が来~れば思い出す~遥かな尾瀬~遠い空~ とか。

元々接地面が少なく、バイクには聞こえにくいメロディーラインですが、
良く聞こえます。

シールドに守られて、ほぼ無風ですからね~~!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月14日


Smokerさんに現物を見せて頂き、良いなぁ〜〜〜と思っていた、
イソッタの長いヤツ。
image

ただねぇ、、、やたらと高いのと、
納期が尋常じゃなく掛かるという、カナリのくせ者。。

やっと届きました。。。
image

でかぃぃ〜〜〜!!!
image

全く、、待たせすぎでしょ。。。
image

。。。という事で、
時期を見て取り付けてみました。
image

取り付け自体は、、、なんか、、なんでこのビス??
みたいなところも有りましたが、、
一応簡単に取り付きました。

あとは高速走行でどうかなぁ〜〜というところでしょうか。

コイツがこれから活躍してくれるハズです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック