エンジン連動ON-OFFユニット

2015年09月28日


いじくりを加えた現在のPCXの状態を
表化してみました。
image


こんな感じです。


■アイドリング時
image


image

あ~~~~~~あ、
かなり逝っちゃってます!!!
ウゼ〜!!!

良いか悪いかは~~~知りませんが、
10Wのイルミネーションはなかなかのうるささです。
うっとおしさ100倍です。


■アイドリングストップ時
image

走行停止してアイドリングストップすると、
追加灯火類が消えて、
ノーマルと同じ状態になります。

これでバッテリー負荷を軽減しております。

夜は信号待ちとかでうっとおしいのが消灯するので、、、
何だコイツ?!って思われるかも知れません。
で、再始動すると、またうっとおしくなります。


知ってる人が見たら、
お!いじくってるな?!と思われちゃうかもしれないですね。


という事で、要約すると、
走っている時のみイルミ&フォグが点灯する仕様で、
うっとおしさ100倍ですが、ええ感じです。



ここ最近でPCXの様相が一変してしまい、
オーナーの私が付いていけて無い様な状態ですが、、
・・・あとは各部の耐久性かな~~~。


電流的には非常に安定していると思われるので、
持ってくれると思うんですが、どうかなぁ~~?!


ひとまずは、電飾系、イルミ系、コンプリートかな??




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月25日

実は、
フォグランプを苦慮しながら取り付けていまして、、
いろいろ試していて、
紆余曲折しながら今の状態に至っています。

フォグランプとイルミネーションはアイドリングストップに連動して消灯します。


それを今回は電圧中心で書いてみようと思います。

電圧計はグリップヒーターの電圧計です。
バッテリーはアイドリングストップON固定で約一年使用のものです。

まとめて表にしてみました。
image



先ず言えるのは、
エンジン連動ON-OFFユニットによる電源カットは、
非常に有効に機能していて、
エンジン停止時のバッテリーへの負荷は、
ノーマル状態とほぼ変わらなくなっていますので、
バッテリー寿命にかなり貢献してくれるでしょう。。

ON-OFFユニット的には多少消費しているんでしょうけど、
体感は出来ないレベルです。

逆にON-OFFユニットが無いと、
アイドリングストップONは、、、、
バッテリー電圧が降下し過ぎて、
バッテリ寿命が劇的に落ちるだろうな、、、と予測できます。

なので、赤い所はビビって、積極的にデータ取る程トライしてません。

ま、アイドリングストップスイッチOFFにすれば良いんですけどね。
それじゃ、何の為のeSPエンジンか分からない。。。

ON-OFFユニットとeSPエンジンはベストマッチしていますので、
アイドリングストップさせつつ電飾チューンする為には、
必須アイテムだと思います。

ノーマルの電圧降下下限値は
12.4Vで、
それ以下になった事は、確認出来てません。

ちなみに、、、
イルミネーションは、
14.4V時の消費電流は0.7Aです。
=約10Wです。

フォグランプは、
14.4V時の消費電流は1.2Aです。
=約17.3Wです。

まあ、、小さなエンジン及びバッテリーにしては、大きな消費ですね。


いずれにしても電圧降下が最小限で済む今の方式、
なかなか良く出来た、と思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年09月15日

現在、PCXで人柱体感中〜!!

今、とあるアイテムを体感しております。
ネット情報など見てもアップしていそうな方も居ない様だし。。。
それというのは〜これ!!

https://www.amon.co.jp/products2/detail.php?product_code=2850#PhotoSwipe1441727317963

エーモン工業から出てる
エンジン連動ON-OFFユニットです!
image


アイドリングストップ連動というやつですね!
もうeSPエンジンとの相性はバッチリ、
そう、リードからの流用です!
リード過去記事
http://ana3.blog.shinobi.jp/Entry/993/

アイドリングストップ連動の電源カットユニットです!

電飾チューンでアイドリングストップされてしまうと、
バッテリー電圧がみるみる降下してしまい、
精神衛生上宜しくない!!
ヘタに電圧計が付いているのも、
どうかと思いますね!!

電圧計過去記事
http://ana3.blog.jp/archives/1015582893.html


ま、しかしながら電圧計はもはや必須アイテムになってますけどね!

という事で、
アイドリングストップ時は無駄な電流消費を最小限に抑えるべく、
追加アイテム系の電源カットを行うため、
このユニットを組み込んでみました。

結果としては、
正常に動いております。
ま、リードで試してるしね。

イグニッションオンでは、導通無し、
エンジンが掛かると1秒後位に導通、
アイドリングストップして1秒後位に導通無し、
再始動1秒後位に導通、

と言った感じで、
エンジン停止時の導通カットが成されます。

まあここまでやると、
いろいろやりたくなっちゃうのが性なので、
拡張性を持たせる意味で、
タコ足配線ハーネスも取り付け中〜。
LEDユニットをどんどん追加出来ます!
ま、定格越えない様にしないといけませんけどね!

ただ、足せば足すほど電圧が落ちるので、
全体的に暗くなっちゃうし、
バッテリー負荷も増えるので、
ソコは電圧計と相談ですね。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック