ブレーキレバースポンジの取付

2015年01月21日

真冬に素手で走ると、
ブレーキレバーが氷の様に冷たい。
熱伝導率の高いアルミダイキャスト製ですから、
外気温を直に伝達してくれます。

・・・・
ブレーキ触りたくない。。。。



・・・って成らない様に、
レバースポンジを取り付けてみました。

楽天の年末セールで送料込タダでGET!
だがしかし、年末に発注して届いたのは、1/16。
image

在庫有りだったのに、、ナメてます。。。
タダだから許してあげるけど、、さ。


という事で、早速取付。

一旦ハンドルカバーを外しまして、
ブレーキレバーにスポンジを入れて行きます。

ま~~~固い!!
寒いってのも有るけど~。

①ゴム手袋を嵌めて、グリップ力がアップしたところでねじ込む。
②水をつける。
③洗剤をつける。

の順番でやってみましたが、、
結局③までやらんとうまく入れられんかった。。。

ただレバーにスポンジを入れるだけなのに、
結構体力使っちまったです。

んで、洗剤まで使っちゃったので、
よ~~~く水洗いして、
乾燥させて、
ハンドルカバーを再度取り付けて完了。
image


image



使用感:
冷たさは全く無くなりました。
いい感じ~~~~。

ブレーキフィールはやっぱりちょっと変わりますね。
レバーも太くなった分、指を交わす際に引っ掛かりが出るか、
と思いましたが、意外とソコは全く変わらず。


まだ雨で試していしていませんが、
スポンジな分、水を吸うので、
ちょっと面倒なことになる可能性、、、大かな。



出来ればゴム製の方が良かったかも知れません。
使ってみて不都合が有るようなら
交換するか~~~、という感じで、
今のところ様子見です。


ま、タダですからね。
許してあげましょう!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック