GPSロガー

2015年03月19日


【山旅ロガー】の
データ出力方法は幾つか有るんですが、
Googleマップに貼り付ける場合、
私はいつも、

【KML(時計付き)】
image

で出力しています。

この出力方式だと、私のいつもやる様に、
プロット間を線で繋いでくれるので、見やすいです。

他にも吐き出し方がいろいろあるので、
試してみるとそれぞれのデータの見え方が変わります。

とりあえず、Googleマップとの相性はバッチリです!

ま~~、
Googleマップってスゴイですね!
一旦マイマップに落とし込めば、
そのデータはどの端末からでも呼び出せますしね。。
便利過ぎます。



あとはログの間隔をどの位に設定するかで、
距離精度などが変わってきますね。
私は測定モードを
【自転車30秒】に設定しています。

もっと細かく取っても良いんですけどね、
電池との兼ね合いですかね。

やはり電池の減り具合は、
何もしない場合に比べれば、
随分と速いので、
可能な限り、シガーソケット給電しながら走っています。
特に長距離走る場合は要注意ですね。

私の経験では10時間くらいのツーリングだと全然大丈夫ですが、
そこから先でキャンプとか成ると、
やっぱり厳しいので、
本体、またはモバイルバッテリーに充電しながら走るべきでしょうね。

さすがにエンジン停止しているバッテリーに
直結して充電する気には成りませんからね。



あと使うのは、
データのスクリーニングと
スタート、ゴール地点の編集。

データの前後をカットして、
自宅近くをログから外すのも簡単。


ツーリング以外でも、
いろいろ使えて楽しいツールです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年03月05日


ちょっと前までは、
地図に手書き、
次にナビからログを取ったりして、
それから先はスマホ。

もう、、スマホ様様、何でも来なしちゃいますね。
何でも取り込む恐ろしいツールですわ。

一時GPSを買おうかとも考えましたが、
買わなくて正解。

で、
アクションとしては、
①走行前にアプリ起動
②GPSオン
③走る!!!
④帰宅したらアプリ終了

これだけ。

ログの吸い出し加工は、
⑤ログをメールで自分宛に送る
⑥パソコンで開いてgoogleマップで読む
⑦コピペ

という流れです。

結構簡単です。
別にパソコンに送らなくても、
アプリ内完結も出来ちゃうんですけどね。

今使っているアプリは、
山旅ロガー+地図ロイドというやつ。

ま〜とにかく便利。
image

こんな感じでデータ化されて、
ソレを地図上で見るとこんな感じ。
image

前回の渥美半島ツーリングのログです。
googleドライブにも反映されるので、
いつでもどの端末からでも呼び出せます。

もはや旅のお供には欠かせないアイテムですね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック