クルーズコントロール

2016年05月30日


このところさすがに暑いので、
ハンドルカバーを外してみました。

いつもは5月の連休で志賀草津高原を走った後に外しているんですが、
今回は海通いで外すタイミングを逃しちゃった。。。

で、
ハンドルカバーとクルコンの共存がなかなか難しかったため、
使っていなかったんですが、
改めてクルコン仕様にしてみました。
image

・・・・非常に便利!!!!
両手放し運転で1kmくらい走ってみましたが、
余裕です。

上り下りをモロに拾いますけど!!!
さすが150cc!
そこは仕方ない。

でも平地ならば、速度キープは出来ますし、
右手フリーは楽です。
左手もウインカーの為に添えておくだけ。

これは長距離移動ではマストアイテムですね。


ちなみに、クルコンと勝手に命名していますが、
クルーズはしますが、コントロールはアナログです。。
ダイソー洗濯バサミ万歳!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月19日


この前設定したクルコンですが、
リード時代から使っていますので、
既にガッツリヘビーユース中です。

今まで設定しなかったのは、、
しなかったんではなく、、出来なかったというのが正しいです。
ハンドルカバーをしちゃうと、
ちょっとやっぱり不都合があったりするんで、
取り付け辛いところが有りました。

出来なかないんだけどね。



と言う事は、、
クルーズコントロールは、夏限定???である、と言う事です。

今のところね。

で、
そんなクルコンですが、
なんせアナログなだけに、
上り坂・・・速度低下
下り坂・・・速度上昇
は、当然あります。

ただ、、平地では、速度低下傾向はほぼ見られません。
以前は、走って行くうちに、
振動で徐々にスロットルが戻り、
速度キープ出来ない、なんて事が有りましたけどね。


①洗濯ばさみを咥え込む部分に貼ったゴムと、
②ブレーキレバーのスポンジが良い仕事をしています。


60°と硬度の低いゴムをt=1.0のスポンジ基材両面テープで貼り付けていますので、
洗濯ばさみの歯が食い込んで、程好い滑り止めになっています。


②ブレーキレバーの振動をスポンジがワンクッション受けていますので、
振動が洗濯ばさみに直接伝わらず、振動によるスロットル戻りを防いでいます。

・・・という2つの相乗効果により、
スロットル戻りが無い為、
同じアクセル開度をキープ出来ます。
平地であれば時間が経っても一定速で走れます。

特に②の効果が大きいと思いますね。

で、
クルーズコントロールが使えるようになると、
右手がフリーになり、
手放し運転が出来る様になります。

ただ、、ここでリードとPCXの違いが見えました。
キャスター角の違いでしょうね。

PCXの方が寝ているので、
直進性が強く、
体重移動のみでの制御がす~ごくし辛いです。
リードはヒョイヒョイと方向修正出来たんですが、
PCXはなかなか方向が変わらず、
ま~~っすぐズレていってしまいます。。。

PCXでの手放し運転は、、いいとこ500m位だろうなあ。。。
ま、、そんな曲乗りする必要は全く無いんですけどね。

何にしても、右手が自由になるのは、本当に楽です。


これでもまだ改良の余地は有りそうですが、
とりあえずはこれで秋まで使ってみましょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年05月14日

リード時代ではめちゃくちゃ頻繁に使用していた、
クルーズコントロールシステムを、
PCXにも採用してみました。

・・・と言っても、
非常に煩雑なシステムなので、
PCXに組み込むのには
機械の知識、電気の知識、マイコンの知識が必須で、
決して一般向けでは有りません。

また、、それなりに投資も必要です。



クルコンシステムを組む上では、
回路設計と機械的入出力制御の設計も大切です。
この手のシステムは、インターフェースが重要ですからね。

さあ、、では、
実際に組んでみます。


先ず用意するのは、
ダイソー製洗濯ばさみ。
特殊材料で入手はソコソコ困難です。
image

幸いにして我が家には在庫が豊富に有りましたので、
投資ゼロで大丈夫でした。

ちゃんとテスタで当てて、正常なものを選びます。


このダイソー製洗濯ばさみを火で炙り、
好みの形状に整形し直します。
炙ったところは熱くなりますので、
醤油をつけて、冷却します。
image

組み込むシステムとしては、以上です。


次に車体側への加工です。

ウチのPCXにはグリップヒーターが入っており、
直だと配線を傷つけてしまう恐れが有る為、
ゴムシートを一枚グリップに巻き込みます。

車体側への加工は以上です。


さあ、、いよいよ組み付けです。


写真のように、組み込みます。
image


コレにて装着完了。

取りあえず、クルコン作動!!!
フルスロットル固定!
image

ちょっと硬度の低い60°のゴムを選択したので、
洗濯ばさみの食い付きは良いです。


まだ全然走ってませんが、、、
多分大丈夫な感じです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック