インプレ

2014年12月17日

前車両、リード125とPCX150の差について、
一発インプレを入れて見ようと思います。

リードは約1年で手放してしまいましたが、、
複数台持てる環境が有れば、キープしたかった車両ですね。
凄くいいバイクだと思います。

今の環境ですと、1台しか持てないので、
乗換えと言う選択をしましたが、、、
ホントいいバイクでした。

ただし、PCX150に乗り換えた今、
それ以上に満足しているのは間違いない事実です

PCX150、本当にいいバイクです。


んで、両車を比較した場合に、
絶対的に違うのは、、、、燃費計!かな。

燃費計、と言うブレーキが付いているPCXは、
自然と操作がふんわりになり、
狂った様な加速をしなくなります。
私の場合。。。

・・・単純ね。

なので、、、まだあんまり全開加速で走っていません。
リードではブン回しまくっていましたけどね!!!!

全開で走ったとしたら~、
25ccの差は重量差位で若干吸収してしまっている感が有りますが、
0加速ではやっぱり差は有ります。

ま、、若干速いかもなぁ~くらいの差だとは思いますがね。
60~加速などの瞬発力はそんなに変わらんかなぁ、、と思います。

リード、速いんです。


街乗りオンリーならリードでもう十分だと思います。
スクリーンを付けてあげれば、
圧倒的風防効果、足元にも直風が当たらないので、
防寒、風圧疲れなど、リードの方が優位です。

てか、、
PCX150の風防、、全然ダメ。。。
コレは正直何とかして欲しい。。

膝~足に当たる風が体温を奪います。
肩から上に当たる風が体力を奪います。
リードでは全くそんな事無かったし。


積載に関しても、やっぱりリード!
シート下トランクはやっぱり凄い!
タンデムシートがフラット、と言うのもいろいろ積めて魅力ですね。
何だかんだで積める幅が広がります。
リアキャリアの剛性も信頼出来たしね~~~。


すり抜けシケイン性能もリード!!!
スンゲー小回りが効くので、
特にシケインすり抜けは、圧倒的にリードです。

取り回し、、、リード!!!
ホイールベースが短く、軽い分、
リードの方が優位!


『扱い』に関しては、リード!圧倒的!



・・・と言う事で、リードの圧勝な話に成っちゃいました!!!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月14日

納車早々エンデュランス製グリップヒーターを自分で取り付けてみましたが、
PCXはソレ様の配線が成されたハーネスなんで、
比較的簡単に取り付けが出来て、、
ま、、、この程度の作業は、、自分でやろうよね、レベルではないか~~???
・・・と思います。

だって、引っこ抜いて差し替えて結線するだけなんだもん。

ほんで、
グリップヒーター自体の効果ですが、、、
現在、私のPCXにはハンドルカバーが装着されており、
カバーの効果もかなり大きいんですが、、
その2つを組み合わせた場合、
十分に暖かいです。

今、常用で5段階中、2で使っていますが、
ソレで十分。
1時間走行していると、若干汗ばむ位ですかねぇ。
程好いです。

3にしちゃうと、チョッと暑いと思っちゃうレベルかな。

外気温は5℃前後かな。

正直なところ、
ハンドルカバーの効果はかなり大きいです。
ハンドルカバーも開口部のスキマが無い事がもう、、かなり肝で、、
密閉されているか否かは非常に重要。
素手で走れば直ぐに分かりますが、
スキマが有ると保温具合が全然違いますからねぇ。


で、そんな隙間の無いハンドルカバーですから、
ヒーターが十分効果を発揮してくれる訳です。

リード125で使用していた
ホンダの純正グリップヒーターよりは確実に暖かいと思います。
アチラさんは、、、高いけど半周ですからね。
その点では純正だけが全てじゃないなぁ~~と思う訳です。


あと、特筆すべきは、電圧計でしょうね。
まあ、、お守りみたいなもんなんでしょうけど、
異常時の原因追求指標には成りますね。


コイツを上手く活用する手段としては、、、
バッテリー状態を知れるって事なんで~~、

始動前のイグニッションオン時の電圧を見る、位かな。

PCXは新型に成ってバッテリー負荷が低減されている、と思っていますが、
総LEDの効果が如何ほど違うのか、、、
ワット数表示が無くなってしまっていて、
うかがい知る事が出来ません。。。

測定すりゃ出るんだろうけどね。


・・・て事で、あまり気にしてないんですが、
バッテリー劣化の予兆を確認出来るので、、、
始動前やアイドリングストップ時の電圧チェックでよく見ています。

前日から12時間経過後のバッテリー電圧。
IMG_20141212_080201
スタートスイッチを押す直前の状態です。

 


アイドリング時で14.3V前後
 
アイドリングストップ時は13V前後から次第に落ちて行きます。。。
IMG_20141210_075824


・・・てな具合に、、
電圧チェック出来るのはまあ~~~、便利ですね。


あとはレギュレーション設定か。

ま、、最初に敷居値を決めてしまえば、
ソコから動かす事は殆どないと思いますが、
オンオフ敷居値を自分で設定出来るのも良いですね。



って事で、、、
総合的に使い勝手は非常に宜しいです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月01日

PCX150に乗り始めてからそろそろ2ヶ月になります。
走行距離は1900kmと大分緩やか。

セーブしている、と言うよりは、、、家庭の事情の方が大きいかな。

以前は狂った様に走行距離を伸ばしてアチコチ走り回っていましたが、
ソレも為りを潜めています。

子供の成長が思いの外早いので、、、
子供との時間をやや大切にしている感が有りますかね。


・・・・そんな中ですが、、
納車後のインプレッションをしたいと思います。




◆まず、悪い点。
スクリーンですかね。
ロング、と言いつつも、全然ロング感が無いので、
走行風に関しては非常に不快です。

う~~~ん、ガマンできるレベルでは有ると思うんですけどね。。
ただガマンしなきゃなりません。

リードの風防は本当に、、、凄かった!

んで、、ソレに伴い、
走行スピードが安定しない、ちうことかな。

風を受ける為、
安定した速度を保つ事が難しく、
いつものキープ80がしづらいです。

いままでは、スピードメーターなんて見なくても、
ほぼピッタリ80km/hキープ出来たんですけどね。

安定速走行がやり辛いですねぇ。。。




・・・・悪い点はその位かな。



既にana的快適ツーリング仕様に成っちゃってるので、
それ以外、あまり不満点が見つかりません。


チョッと手を加えただけですが、
非常に基本完成度の高いバイクだと思います。
こりゃ、売れて当然。
コンパクトサイズで良く出来たバイクです。


◆次に良い点
イッパイ有ります。
・安定性
・パワー
・燃費
・積載
・パッケージ

先ずはPCX150と言うバイク、
パッケージとして良く出来ていると思います。
125との差は良く分かりませんが、
移動体としてのオイシイところをウマく摘んだ様な仕様で、
実に丁度良いサイズ感です。
原付2種サイズにして高速移動可能。
軽さのアドバンテージと150cc成りの出力。
パワーと燃費の両立。

実に頼もしいです。

最高速こそ110km程度に留まりますが、
必要十分でしょう。

普段使いでの実燃費も50km/Lを越えて来るので、
足として見ると申し分無いです。


安定感は、もはや250ccクラス同等ですね。
ソレでいて軽いので非常に扱い易いです。

パワーに見合った総重量に成ってるんでしょうかねぇ。
私は速さをあまり求めないので、
その辺は不満として上がりづらいですが、
瞬発力としては、私にとって十分です。


積載に関しては先人の情報閲覧から若干の不安が有りましたが、
実際に扱ってみると、何とでもなるなぁ、と感じています。
やっぱりねバンジーフックの存在意味が非常に大きいですね。
アレがあるだけで、詰めるもののキャパシティがダイナミックに広がりました。

中でも灯油を積める、と言うのは大きい。
別に足元に積む必要は無いですからね。
ま、そりゃ、足元に詰めれば楽は楽ですけどね。
そう言う意味では足元がフラットで無い事には若干の残念感が有りますが、
タンクが2Lもデカくなったから許してあげましょうよ。

という事で、普段使いで積載の不満も今の所無し。
リードとまでは行きませんが、
結構な荷物を積む事が出来ます。


総じて、
『良い買い物をしたなぁ~~』と実感しています。

かなり満足。
IMG_20141024_141510


もっと狂った様に走ってあげなきゃなぁ~~~~と、
チョッと思っています。


ま、購入後1年間はウミだし期間だと思うので、
とことん使ってダメな所を吐き出したいと考えています。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック