2015年01月15日

今まで、ウインターウエアとか、
冬物セール、とか、、全く無視して来ました。

何故なら、、、私は通年乗るから。

雨だろうが雪だろうが、灼熱だろうが乗る私としては、、
そんな環境変化に対してイチイチウエアを替えていたら面倒なので、
ソレを一手に担えるフレキシブルさを持ったウエア着こなしをして来ました。

ソレはズバリ、

夏用メッシュジャケット(フルアーマード)+レインコート

コレと多少のインナーの調整で、
5℃~40℃位までは、なんとか成る、という実績を持っています。

メッシュジャケットの空気層+レインコートの風防効果は絶大です。

レインコートはかなり重要。
首元のウインドプロテクション性能が特に重要。
寒さを凌げるかと言うのは、ロングラン性能に直結します。
持論では、レインコートチョイスがバイクライフの命ですね。


急な雨と言うのは日常茶飯事だし、
常に風に晒されるのがバイクなので、
レインコートの性能で快適性が大きく変わります。
防風性能は防寒に直結しますしね。


・・・でも、
特に真冬の防寒はやっぱりこれだけではチョッと役不足である、
というのはイヤと言うほど体感していました。
マイナス環境下で走り続けるのは、、結構辛い。



冬場は特別、と考えを改めてみることに最近頭をシフトしました。
冬と3シーズンと季節を分けた方が、より快適である、、と。

今更ながら気付きました。

オールシーズンをカバーするには、チョッと無理が有るかなぁ~~とね。。



で、探していた防水防寒スーツですが、
購入に当たりやっぱり気に成る点が有りました。。
温調です。


基本、重ね着な今までのスタイルだと、
時間帯、温度に対応しながら脱ぎ着が出来るので、
温度適応性が有りましたが、
冬用の防寒スーツを着ちゃうと、
温度調節がオンかオフか、の様に成っちゃって、、上手く出来無そう。。。。

・・・と云うのが過去の経験で多少有りました。。


昔チョッと来ていた服は、
走ってる時は良いんだけど、
店などに入ると、汗かく、みたいな服でした。


ま、、

バイク用のタッカイ冬用スーツを買う気は全く無いけど、
レインコートを買う位のコストパフォーマンスなら、
冬用スーツも有りかなぁ~~~と思えているので、
イイのがあれば、ちょっと手を出してみようかなぁ~~なんて思っています。


実店舗だと
ワークマン以外でもホームセンター系は防水防寒スーツを扱う所も結構有るし、
ウロウロするのも、意外と楽しいですね!!!

実物を見ると、へぇ~~こんなの有るんだぁ~と、
なかなか興味深いですよ~~~~!!!


という事で、改めて購入検討中~~~~!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年12月12日

まあ、、、いろいろと方法は有るかもしれませんが、
何だかんだで安価で最も有効なのは、
やっぱり中性洗剤じゃないかと思います。

多少の面倒さは有りますけどね。

今回、ミラーシールドを購入し、
早速着け替えて、昼夜問わず常用していますが、
取り合えず最初は何も付けず走ってみる訳ですよ。。

そすっともう、、ヘルメットを被った瞬間から曇り出します。。。
新品だろうがカンケ有りませんねぇ。
ま、ヘルメット自体はバイクに入れっ放しにしていましたので、
雰囲気温度に成っちゃってましたけどね。



12月初旬、外気温は1桁中間くらいでしょうか。。

まあ~~~~見えなか無いけど、、、イラッとする!!!!

初日はソレで走りましたが、
帰宅して即、中性洗剤塗りました。

で、、、塗り方にもコツが有ります。



とにかく拭き取る事!!!!!



ティッシュに1滴垂らし、
シールド内側面にまんべん無く塗ったら、
テイッシュを替えてキレイに拭き取ります。
もう全て拭き取る位の勢いで、
傷付かないように乾拭きします。

曇り止め的には、
この最終拭き取りが命ですね。

拭き取りが甘いと、逆に曇ります。


まあ、、面倒と言えばソレが面倒ですが、
即効性が有るのはイイですね。

息で曇っちゃう冬場は必須処理になります。

手っ取り早く曇らないのは、、、コレが一番かな~~。



あ~~~、ヘルメットですが、
冬場は室内保管が基本ですよ~~!!!
初っ端の立ち上がり視界に雲泥の差が有ります。

冷えッ冷えに冷たいシールドに息掛けたら即曇りますからね。。。。
暖める必要は無いけど、暖かい室内から被って外に出る方が、
当然曇り難いです。


・・・と言う事で、本日も~~早朝からチョイと走りに行って来ますよ~~~!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック