防水

2015年02月01日


防寒性能は直ぐに人体実験が出来たので、
防寒的には何の問題問題も無い!と言う事が体感出来ています。
では、防水性能はどうか。

関東圏は冬場に雨、と言う事があまり無いので、
そもそもニーズがあまり無いんですが、
雨の日も無くはないので、、兼用ってのは必須ですけど、
雨が雪に成っちゃったりするんですヨねぇ~~。
4℃くらいがそのラインですね。
かつ、雨の日は一日雨で、夏の様なスコール的要素は有りません。
夏の様に脱ぎ着をする場面はほぼ有りませんからね。

で、、雨の日に2日位使ってみました。
ま~~~全然問題なし。

だけど恐らくは、
ウエアの内側で結露が起こっていて、
その結露水でインナーが湿気る感が有ります。
コレはもう、、どうしようもないんでは、と思いますが、
防水、と言うか耐水性能としては、
レインコート同等レベルかな、と思います。

レインコートも万能じゃないですからね。

雨の帰宅後は結局内側も湿気てるんで、
干す必要有りますからね。

という事で、防水性能的にもひとまず問題なし。
冬場限定ですが、しばらくこのスタイルで走ってみたいと思っています。

あと、首回りも結構長いので、
暖かいは暖かいんですが、
降雨によってはヘルメットからのしたたり水がウエア内部に落ち込み、
大変な事になる可能性も考えられましたが、、
今のところ全然平気。

着る場面を間違えなければ、
とてもスバラシいウエアだ、と言う事を実感しております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月28日

既に日常的に使っていますが、使っているといろいろといじくりたい所が出てきます。

①で書いた反射テープは、
本当に強烈に光るので、夜間はかな~~~り目立ちます。
安全性に最大限貢献しているんでは、と思います。
 
次は首周りを改造したいと考えていますが、
先ずは基本機能として、
どの位の防寒性能が有るのか、人体実験して見る事にしてみました。


気温終始:0℃
日の出前の5~7時頃で検証
走行距離:約90km
走行時間:約2時間
最高速は100くらいで。

服装:
上半身 Tシャツ、夏用メッシュジャケット、防寒着の3枚
下半身 パンツ、夏用メッシュパンツ、防寒着の3枚

0℃でこの装備は、、か~~~なりチャレンジャー仕様です!!!
防寒着以外、ほぼ裸の様な感じですからね!
今回買った防寒着を脱いだらもう真夏仕様です!

この着方、究極です!!!

ありえん!

元々着ていたシャツとフリースを脱いで、
わざわざTシャツ一枚になって(さむ~~い!)
ウエアを着ましたんでねぇ。。。


で、0℃で2時間走った感想:
全然寒くない!

2時間走って寒かったところは~~と問われれば、

1位・・・口元 ・・・ジェットの宿命 剥き出しですからね
2位・・・足先 ・・・防寒ブーツですが、、限界近いですね
3位・・・首元?

って感じかな。

と言うか、、全然寒く有りません!
スゴイ!
こりゃ~~スゴイ!

ま、本来着るべきものを着ていないので、
その分服の中がスカスカでス~ス~感は有りましたが、
寒い、と言う程では有りませんでした。

こりゃあ~~~いい!

着膨れ感も全然有りません!
それがまた素晴らしい!
世の中には安いのにこんなイイのが有ったんですね~。

ココまで暖かいと、
温度変化に柔軟に対応する、と言う事が逆にやり辛くなります。
重ね着だと、一枚脱ぐ、一枚着るで温調出来ますからねぇ。

その代わりに、1枚着れば確実に暖かく成るので、
寒いと分かっている所をとことん走る場合には、楽です。
但し、、、山の上は0℃、下界は15℃とか、、普通に有るので、、
そう言う所ではこのウエアは対応し辛いですね。

あくまでも通勤ユースかな。
しかしまあ、
真冬走るのには、この装備はなかり良いです!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月25日

防寒着について何度か書いていますが、
いろいろ調べた結果、やっぱり手を出してみることにしました。

・・・どんだけ暖かいか分からんし、
大した額じゃないので。。。

やっぱり現物を見て購入したかったので、
実店舗でモノを確認、ネットで購入という王道スタイルでね!!


一番気にしたのは首元の防寒性かな~。



購入品:マック オーシャンプロ W3100
 

んで、、着てみて走った感想:
暖かい!!!
これは、、大分暖かいです!!!

ネットの評判通りでした!
マイナス部分もその通り!という感じ。


ま、、全てを満たすミラクルなモノは無いと思っているんで、
その辺は対応します!!!


自分的に使いにくいと思ったのは、ズボンの裾部分。
こりゃ~ネットの評判通り、長靴との併用が厳しい。

・・・・という事で、
購入日に即はさみでカットしちゃいました!!!!
新品を切っちゃうのって最初はかなり抵抗が有りましたが、
最近では結構軽く切っちゃいますね!!!


んで、付加機能として裾の幅調整と安全性の両面を足してあげました。

裾部分をガバッと開けられるので、
IMG_20150124_200650
 
長靴をすんなり履く事が出来ます。
IMG_20150124_200512

また、勝手に追加したフラップ部分全面に反射テープを縫付ていますので、
これが広範囲で強烈に反射します。
IMG_20150124_200500
 
ヘッドライトに照らされた場合の視認性は抜群だと思います。
IMG_20150124_200414

・・・・なんて内職を軽くこなし、
既にオリジナル仕様に成っております。

取り合えず、コレでバッチリっす!

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年01月15日

今まで、ウインターウエアとか、
冬物セール、とか、、全く無視して来ました。

何故なら、、、私は通年乗るから。

雨だろうが雪だろうが、灼熱だろうが乗る私としては、、
そんな環境変化に対してイチイチウエアを替えていたら面倒なので、
ソレを一手に担えるフレキシブルさを持ったウエア着こなしをして来ました。

ソレはズバリ、

夏用メッシュジャケット(フルアーマード)+レインコート

コレと多少のインナーの調整で、
5℃~40℃位までは、なんとか成る、という実績を持っています。

メッシュジャケットの空気層+レインコートの風防効果は絶大です。

レインコートはかなり重要。
首元のウインドプロテクション性能が特に重要。
寒さを凌げるかと言うのは、ロングラン性能に直結します。
持論では、レインコートチョイスがバイクライフの命ですね。


急な雨と言うのは日常茶飯事だし、
常に風に晒されるのがバイクなので、
レインコートの性能で快適性が大きく変わります。
防風性能は防寒に直結しますしね。


・・・でも、
特に真冬の防寒はやっぱりこれだけではチョッと役不足である、
というのはイヤと言うほど体感していました。
マイナス環境下で走り続けるのは、、結構辛い。



冬場は特別、と考えを改めてみることに最近頭をシフトしました。
冬と3シーズンと季節を分けた方が、より快適である、、と。

今更ながら気付きました。

オールシーズンをカバーするには、チョッと無理が有るかなぁ~~とね。。



で、探していた防水防寒スーツですが、
購入に当たりやっぱり気に成る点が有りました。。
温調です。


基本、重ね着な今までのスタイルだと、
時間帯、温度に対応しながら脱ぎ着が出来るので、
温度適応性が有りましたが、
冬用の防寒スーツを着ちゃうと、
温度調節がオンかオフか、の様に成っちゃって、、上手く出来無そう。。。。

・・・と云うのが過去の経験で多少有りました。。


昔チョッと来ていた服は、
走ってる時は良いんだけど、
店などに入ると、汗かく、みたいな服でした。


ま、、

バイク用のタッカイ冬用スーツを買う気は全く無いけど、
レインコートを買う位のコストパフォーマンスなら、
冬用スーツも有りかなぁ~~~と思えているので、
イイのがあれば、ちょっと手を出してみようかなぁ~~なんて思っています。


実店舗だと
ワークマン以外でもホームセンター系は防水防寒スーツを扱う所も結構有るし、
ウロウロするのも、意外と楽しいですね!!!

実物を見ると、へぇ~~こんなの有るんだぁ~と、
なかなか興味深いですよ~~~~!!!


という事で、改めて購入検討中~~~~!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年11月28日

次に車体側への加工です。

何処から電源を取るか、と言うところが最重要課題ですが、
安直に考えるならば、ブレーキランプ、ブレーキASSY付近から
割り込み分岐配線が妥当だと思います。


・・・・が!
私はそんなこた~~~しません。
ちゃんと裏付けを取った上で加工してますんでねぇ~~。

電源を貰ったのは、ココ。
IMG_20141108_064057

ココ。
IMG_20141108_064117


目視では分かりにく~~~く成っていましたが、
フェンダーから手を突っ込んでメクラで配線を触ってたら見つかりました。
よーく覗くと隠れてます。
IMG_20141108_064130
 
・・・・なんじゃそりゃ。


この配線、イモビライザーのカプラに成ります。

カプラは防水の4極カプラです。

ナップスで800円で売ってました。
たかだかカプラごときに800円て~~~、
詐欺まがいに高いな。。。。


で、
そんなカプラをわざわざ買いに行く手間と、
コストを考えたら、、、
自作することにしました。


自宅にあった棒端子をハンマーで叩き、板状に加工。
平面の端部を削り、カプラに入る様にしました。
IMG_20141108_064044
ま~~~~この手の手作業、、実は結構好き!!!
これぞ自作!と言う様な出来栄えですが、、

これを配線に組み込んで伸縮チューブで被覆してあげると、
それっぽくなります!!!!
IMG_20141108_070921

ね!!!


使っているケーブルは、
ホームセンターで売ってる一般的な4極ケーブルです。


で、この端子を防水4極カプラに突っ込んで~~~、
IMG_20141108_104747

テープ絶縁しつつグルグル巻きにしてあげました。
IMG_20141108_105330

ちなみに~~~、
このイモビライザー用防水カプラのそれぞれの端子は、
・白黒  プラス12V
・緑黄色 ブレーキプラス
・緑   マイナスアース
・黄緑黒  ナゾの抵抗 ・・・不使用


です。
・・・・なので、緑ライン(マイナスアース)にヒューズを噛ませつつ、
それに合う様に、配線を繋げてあげてます。
当然、テスタ当てて、確認を行いますよ~。


ま、、配線間違うこともなく一発OKです。


さて、、次に、
カプラーからの配線をリアボックスまで通してあげなければ成りません。

まあ、これがそれなりの手間になるんですが、、
最低限外しておいた方が作業が楽だなぁ~と思えるのは、
サイドアンダーカウル
IMG_20141108_080914
 
グラブバーカバー
IMG_20141108_073945

グラブバー
IMG_20141108_080923

の3つかな。


先ず配線の水仕舞いを考えて、カプラに水が溜らない角度にループを作ってあげて、
ファスナーでフレームに固定してあげます。

フェンダーを下から覗きこんだ図
IMG_20141108_105343
灰色のが配線ケーブルです。


フロント側から開けたアンダーカウル側に配線を落として、
適当に配線。
フレームに貫通穴が結構有るので、
配線固定はし易いですね。

リアサス外し時に邪魔に成らない様な位置関係に配線を通し、
リアボックス付近まで配線を持ち上げます。


私はこんな位置に4極平カプラを出してあげました。 
IMG_20141108_101942
この位置だと雨仕舞い的にも問題無いし、
シートクッションゴムとの干渉も有りませんし、
ボックス配線の着脱も非常に簡単です。


結局、車体内側の配線は全長で3m位有れば、余裕で足りますね。


リアボックスからの配線は水仕舞いを考え、伝い水が掛からない様に、
こんな風に。。。
IMG_20141108_104802

で、この状態から実際にはビニールカバーをしています。
シートを閉めるとこんな感じ。
IMG_20141108_104829
まあ、、、GIVIとかと比較しちゃ~~~いけません!!!!

これはこれで【良く出来ました】でしょう!!!!





一通り導通確認、現状復帰作業を終えたところで、夜を待ちました。
IMG_20141108_174646



ブレーキポジション時・・・真ん中の1本12灯が常時点灯
IMG_20141108_175153

 
ブレーキ時・・・・・・・・3本全部36灯が点灯
IMG_20141108_175205

という光り方です。
なかなか強烈に発光しております!!!


赤色のカバーが全体的に光っています。

光源としては、デフォルトブレーキランプには及びませんが、
それにしたって視認性抜群です!!!

まあ、、夜間は特によく見えるし、安全性、視認性、確実に向上です。
ポンピングブレーキ時もビカビカで効果絶大です。
ほぼ目的達成でしょう!!!

・・・・という事で、
ハイマウントストップランプの追加はこれにて終了。

DIYですんごく安価にイイ物が出来ました。


材料費:
LEDテープ   150円×3本 +送料 
4極ケーブル  78円×4m
4極カプラ    落ちてた

・・・って事で~総額1000円くらいかな??
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック